プロフィール

三田

名前:三田
趣味は自分のための食べ歩き計画を考えること。
その大半が企画倒れで終わっても、計画どおりにいかなくても気にしない。
地図が読めちゃう方向感覚そこそこの、お片付け好きで大雑把なO型。
大好きな美味しいもの、たくさんの美味しいものを求め、てちてち食べ歩き中。



最近の記事+コメント

カテゴリ

新潟県美味しいものカテゴリ

検索フォーム

おねがい

このサイトと関係のない、宣伝目的のコメントやトラックバックの投稿はご遠慮ください。
投稿されても、こちらの判断で削除させていただきます。
また下手な文章と画像ですが無断転用・転載をされないようお願いします。

お店やお料理の感想は、私個人が感じたものです。
私の味覚でお話させていただいていますので、ご了承していただけたら幸いです。

注:店舗情報は、お店の方に確認したものではありません。
また記事掲載当時の情報です。
もしここをご覧になってお店に行かれる場合は、一度ご自身で確認されるようおすすめします。

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


ご迷惑がかかる場合があると申し訳ないので、携帯電話にお返事を差し上げることはしていません。
できましたら、PCメールのアドレスを入力してくださいますようお願いします。

できるだけ早いお返事を心がけていますが、こちらの事情でお返事が遅れる場合があります。
なお、内容によりましては、お返事させていただかないこともあります。
何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

09
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30


2013
05/06
*Mon*

いきかえりの宿 瀧波 ③

お!
今月は1日から連続更新中ですね。

三田です、おはようございます。
これもゴールデンウィークのおかげです。

さて、まだまだ続いています温泉旅行STORY。
本日は夕食のお話をば。

130_20130503215707.jpg

いきかえりの宿 瀧波の食事処は2ヶ所ありまして。
今回は古民家ダイニング まほろばにて、和食のコースをいただきました。

こちらは合掌造りになっていて、シックでモダンな雰囲気。
半纏を着ていなければ、ここが温泉旅館だというのを忘れてしまいそうなくらい。

温かいものは温かく、冷たいものは冷たく。
一品ずつ説明を聞かせていただき、春を感じながら。
グラスワインと桃サワー片手に、美味しくいただいたお料理はこちら。

103_20130503215706.jpg

まずは山形の味、6品。
それぞれ違った器に少しずつ盛られていて可愛い。
こういうの、女性は嬉しいですよね。

山菜ディップでは今年初めての山の幸を楽しみ。

左端の山形県の名物、冷汁は冷たくスッキリとした旨み。
初めていただいたのですが、美味しかったです。

106_20130503220022.jpg

白魚霙仕立はお出汁が絶品。

揚げた白魚が入っているんですが、全く油っぽくなく。
大根おろしも滑らかで、飲み干してしまいました。

そして、この器がホント素敵。
下の方が明るくなっているの見えます?
この中に固形燃料が入っていて、お料理を温めてくれているんです。

111_20130503215705.jpg 116_20130503215705.jpg

お造里(左)は、春いっぱい。
桜の葉を下に敷いてあって、大根が薄っすらピンクの桜になっているんですよ。
それに、ちょこんとお花まで。

赤湯温泉は海から離れている南陽市にあるのに、お魚が新鮮。
ぷりぷりとした食感や、ほんのりとした甘さがあって美味しかったです。

春色の、鮃アスパラ巻(右)。
付け合わせには筍や焼き独活、桜麩、菜の花。
金箔があしらわれていて、華やか。

緑鮮やかなグリーンソースをたっぷりつけていただきました。
鮃がホロホロと柔らかく、シャキシャキとしたアスパラとの食感の違い。
目と舌で楽しめました。

126_20130503215704.jpg

お鍋は春鴨とクレソンをしゃぶしゃぶでいただきます。
付け合せのお豆腐は鍋に入れて、湯豆腐風に。

こちらのお出汁も絶品!

しゃぶしゃぶすると、春鴨は柔らかく、お出汁は春鴨の脂がプラスされて。
お互いが美味しくなる一手間という感じ。

もちろん、お出汁は飲み干させていただきました。
美味しかったー。

128_20130503215703.jpg

鮑春若芽というお料理。
オレンジの粒々は鮑の卵なんだそう。

山芋と混ぜ合わせていただきます。
それにより色々な食感が混ぜ合わさり、楽しい一皿。

ご飯にかけても美味しいと思う、米好きな私。

136_20130503221729.jpg

メインは、山形牛蔵王石焼き。
まずお肉と付け合わせは別皿で提供されていて、自分で焼いていただきます。
ポイントは蔵王石が冷めないうちに焼いちゃうこと。

山形牛は口の中でなくなってしまうんじゃないかと思うほど、柔らかく。
ワサビを少しのせていただくと、お肉の旨さが引き立ちますね。

嬉しいことに食べた後、脂が残らないのです。
もっと食べたいなって思っちゃう。

139_20130503215931.jpg 145_20130503215929.jpg

口直しの柚子ゼリー(左)と、お漬物(右)。

サクランボのお漬物は初めて。
甘くて少ししょっぱくて、不思議な感じ。

141_20130503215930.jpg

筍ご飯と、袱紗汁。
袱紗汁には大きなアサリとナメコ入り。
お供は独活入りのきんぴら。

筍ご飯は山形のお米 つや姫。
私は新潟生まれの新潟育ちですから新潟のお米が大好きだし、一番だと思っています。

でも、美味しいものは美味しい。
つや姫のしっかりとした粒と、ほのかな甘み。
そこに筍の旨みも加わって、ホント美味しかったです。

また秋に食べたいなと思います。
芋煮と共に。

152.jpg

デザートは、葛きりのココナッツミルクかけとラフランスアイス。

ココナッツミルクって、あんまり好きじゃなかったんですけど・・・
葛きりとの、和と洋の組み合わせが驚きの美味しさでした。
ココナッツミルク、好きになりそうです。


お料理のどこかに春を感じさせる何かがあって、それに気付いた時の嬉しさ。
花咲月にピッタリの献立でした。

すべて残さずいただいて、大満足のお腹ぱんぱん。

COMMENT

素敵なお宿ですね。
こういうところでのんびりしたいですe-349
お料理はどれもとっても美味しそう。

でもそれ以上に食器がかわいい~~~!
あ~、温泉に行きたいです(笑)
by ハル #-
2013/05/06(月) 22:54 [Edit
おすすめお宿
ハルさん、おはようございます。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

とっても素敵なお宿でした。
時間がゆっくり流れるというか、日常から離れてゆっくりできましたよ。
新潟からあまり遠くないというのも、私的には高ポイントです。

温泉って本当にいいですよね。
私もまた行きたくなりました。
by 三田 #-
2013/05/07(火) 06:03 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © 三田さんだけの美味しいもの倶楽部 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)