プロフィール

三田

名前:三田
趣味は自分のための食べ歩き計画を考えること。
その大半が企画倒れで終わっても、計画どおりにいかなくても気にしない。
地図が読めちゃう方向感覚そこそこの、お片付け好きで大雑把なO型。
大好きな美味しいもの、たくさんの美味しいものを求め、てちてち食べ歩き中。



最近の記事+コメント

カテゴリ

新潟県美味しいものカテゴリ

検索フォーム

おねがい

このサイトと関係のない、宣伝目的のコメントやトラックバックの投稿はご遠慮ください。
投稿されても、こちらの判断で削除させていただきます。
また下手な文章と画像ですが無断転用・転載をされないようお願いします。

お店やお料理の感想は、私個人が感じたものです。
私の味覚でお話させていただいていますので、ご了承していただけたら幸いです。

注:店舗情報は、お店の方に確認したものではありません。
また記事掲載当時の情報です。
もしここをご覧になってお店に行かれる場合は、一度ご自身で確認されるようおすすめします。

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


ご迷惑がかかる場合があると申し訳ないので、携帯電話にお返事を差し上げることはしていません。
できましたら、PCメールのアドレスを入力してくださいますようお願いします。

できるだけ早いお返事を心がけていますが、こちらの事情でお返事が遅れる場合があります。
なお、内容によりましては、お返事させていただかないこともあります。
何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

10
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018
09/05
*Wed*

居食亭 ほうせい丸/豊山定食

蚊にモテモテと言われるO型の三田です。
おはようございます。

おかげさまで毎年ムヒが手放せないのですが、今年はNOムヒ。
有り難いことです。

IMG_6550.jpg

「ぶ厚いお肉を食べに行かない?」

フレンドからの美味しいお誘いを断るなんて、あるわけない。
早速、車に乗ってレッツゴー!

新潟バイパスを新発田方面に向った行き先は、居食亭 ほうせい丸
前にフレンドが食べに来て、ぶ厚いお肉が美味しかったんだそう。

これは、期待

悩むとかという言葉で表現できないほど、メニューが豊富でビックリ。
だって、ラーメンに色々な定食。
海鮮からピザに焼鳥まで揃っているんですもん。

私の目の前に現れた豊山定食にもビックリ。

普通にメインと言えるものが、2つもあるんですよ。
刺身の盛り合わせと、厚切りトンテキ。
茶碗蒸しに小鉢まで付いて、ボリュームがやばすぎます。

フレンド確かに、分厚いよー!

甘じょっぱいたれが、しっかりからんで激旨。
ご飯にもバッチリ合います。
お肉も柔らかいし、美味しい以外に言うことなし。

そして、お刺身も分厚いこと。

IMG_6544.jpg IMG_6547.jpg
tag : 和食・丼 

2018
08/10
*Fri*

博多もつ鍋処 あべ/もつ鍋 しょうゆ味

IMG_6291.jpg

今年の夏休みは、何をしようかな?
三田です、おはようございます。

家に籠るも良し。
ちょっとお出掛けしてみるも良し。

仕事するも良し?

さて、暑さ厳しくなってきた初夏のある日。
フレンドと待ち合せて、博多もつ鍋処 あべにお邪魔しました。

暑さには熱さで勝負です!

目の前で火にかけられる、もつ鍋
お店の方が鍋奉行をしてくださいます。

覆ったキャベツの下に、わくわくが止まりません。

IMG_6302.jpg IMG_6312.jpg

もつ鍋の他にも博多っぽいお料理を。
ピリ辛手羽(左)と、博多一口餃子(右)です。

IMG_6299.jpg

野菜とお豆腐が入っていて、とっても健康的。
キャベツなんて、シャキシャキです。

ぷりっぷり ころっころのもつは、お肌にも良さそう。

お醤油味のスープには、もつと野菜の旨味がたっぷり。
取り分けてもらう度に、スープまで完食です。

途中のチャンポン麺も、〆の雑炊セットも。
スープ一滴まで美味しかったなー。
tag : 和食・丼 

2018
08/06
*Mon*

うなぎ家/西の上蒲焼き

IMG_0021_20180804101537957.jpg

丑の日に鰻を食べ損ない残念顔。
三田です、おはようございます。

しかっし

三田が食べ損なったのは、一の丑。
今年は二の丑があるんですよ。

このワンチャン逃してなるものか・・・

ということで、決まれば足早。
「うなぎ家」のカウンターに、ちょこんと座っている三田。

この日は二の丑ということで、蒸してから焼く東と生から直焼きの西。
焼き方を選んで、食べ比べての特別な日でした。

せっかくだからと、西チョイス。
直焼きなんて普段食べられませんもんね。
というか滅多に食べられないよ、鰻。

IMG_0019_20180804102145b23.jpg

西の上白焼きは山葵と共に。

白焼きとは、人生で初対面。
粋なお父さんが冷酒と一緒に食べるイメージで、なかなかお会いできなかったのです。
なんだか気後れしてしまいまして。

でも、三田も〇歳。
冷酒は飲めないけど、大人な味を楽しんでもよいと思いません?

外はカリッと焼き上げられ、身はふわふわ。
ほどよく脂がのっていて、山葵の香がスーッと鼻を抜けていく感じ。

もっと早く出会っていれば良かった。
これまでの気後れしていた日々を後悔です。

IMG_0030_20180804101541e0a.jpg IMG_0031_20180804101540783.jpg

とうもろこしバター醤油焼き(左)と、鰻巻玉子(右)。

IMG_0024.jpg

お酒を嗜まない三田には、ご飯は必須。
パリッと焼かれた西の上蒲焼きを、ご飯にのせて鰻重気分を満喫です。

タレの香ばしい香りに包まれて。
でも、やっぱり思い出の蒲焼きとは違う。
ふわふわな身の中にもカリッと食感。

美味しいわー。

できることなら、来年は思い出との食べ比べではなく。
目の前に東と西の蒲焼きを並べてみたい。

そのために、また1年頑張るぞ。
tag : 和食・丼 

Copyright © 三田さんだけの美味しいもの倶楽部 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)