プロフィール

三田

名前:三田
趣味は自分のための食べ歩き計画を考えること。
その大半が企画倒れで終わっても、計画どおりにいかなくても気にしない。
地図が読めちゃう方向感覚そこそこの、お片付け好きで大雑把なO型。
大好きな美味しいもの、たくさんの美味しいものを求め、てちてち食べ歩き中。



最近の記事+コメント

検索フォーム

カテゴリ

新潟県美味しいものカテゴリ

おねがい

このサイトと関係のない、宣伝目的のコメントやトラックバックの投稿はご遠慮ください。
投稿されても、こちらの判断で削除させていただきます。
また下手な文章と画像ですが無断転用・転載をされないようお願いします。

お店やお料理の感想は、私個人が感じたものです。
私の味覚でお話させていただいていますので、ご了承していただけたら幸いです。

注:店舗情報は、お店の方に確認したものではありません。
また記事掲載当時の情報です。
もしここをご覧になってお店に行かれる場合は、一度ご自身で確認されるようおすすめします。

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


ご迷惑がかかる場合があると申し訳ないので、携帯電話にお返事を差し上げることはしていません。
できましたら、PCメールのアドレスを入力してくださいますようお願いします。

できるだけ早いお返事を心がけていますが、こちらの事情でお返事が遅れる場合があります。
なお、内容によりましては、お返事させていただかないこともあります。
何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

This Category : えとせとら

2020
02/28
*Fri*

ふくみつ華山温泉 ⑤

IMG_2247.jpg

寝起き一番。
朝温泉を満喫し、腰に手を当て乳酸菌。

三田です、おはようございます。
旅行中、早起きしちゃうのはなんでだろう?

さて、ふくみつ華山温泉の朝温泉の次は豪華な朝食。

IMG_2250_20200202112553451.jpg

グラスには、野菜とソイのスムージー。
夜は緑で、朝はオレンジ。
クイッと飲み干しただけで、なんだか健康気分。

日替わりで南砺市の野菜を使った旬の小鉢。
この日は、ほうれん草のお浸し。

そして、湯葉の東寺蒸しです。
湯葉大好き。

IMG_2262.jpg

健康塩麹鍋は、スープまでいただきます。

IMG_2258.jpg

これ!  これ!!

ホームページで観て目が釘付けになった、海鮮の山海宝石こぼれ箱。
実物が見たかったし、食べたかったのです。
観たまんま、飛び出してきたみたい。

キラッキラ

薄いピンクに、濃いピンクに、イクラ。
瞬く金箔と丸々一匹の甘海老を見ただけで、大興奮。
きっとこの下には、お魚が埋まっているはず!

お勧めの食べ方があるそうなので。
今は見て楽しむだけ。

IMG_2268_20200202112558d32.jpg IMG_2248.jpg

鰤の塩焼き(左)と、朝も美味しい自家製漬物(右)。

IMG_2275.jpg

焼きたて、地鶏有精卵の出汁巻玉子。
テーブルに置かれた時は、まだ湯気が立っているほど。

綺麗な玉子色。

ふんわりと柔らかく。
優しさが伝わってくるような美味しさです。
毎朝食べたい!

IMG_2267.jpg

朝から、牛の蒸し鍋というボリューム。

塩麹鍋に蒸し鍋。
なんと朝食なのに固形燃料2個使いです。

牛肉の下には野菜があったので、お肉で巻いてポン酢でサッパリと。
とろける牛肉の脂と、野菜のシャキシャキ感。

うんまっ。
昨日から何度言っているか、もう分かんない。
でも、美味しいものは美味しい!

耳にタコができても言っちゃうよ。

IMG_2279.jpg

セルフサービスのご飯を盛り盛り。
先ほど登場の、海鮮の山海宝石こぼれ箱で海鮮漬け丼に。
お醤油もワサビもいりません、このまま。

ずっと横目で見ていましたからね、ニヤニヤ顔ですよ。

プリプリだったりムチムチだったりの海鮮に、粒々のプチプチ。
キュウリのカリカリもあって食感の大渋滞。

切り身の一つ一つが、大きいんだもん。
食べ応え満点。
朝から、こんなに幸せでいいのかなぁ。

お味噌汁は、とろろ昆布入りの地元麹の味噌汁。

IMG_2282.jpg

食事が終わったら、アサイのババロアを持って来てくださいます。
オレンジジュースはセルフサービスドリンクから。

アサイって、ハワイのアレでしょう?
美容と健康にいいんですよね。
朝温泉でピチピチお肌になった上、体の中からも美しく健康になれるなんてと。

喜ぶ健康志向。

2020
02/27
*Thu*

ふくみつ華山温泉 ④

梅 → 紅天女 → ガラスの仮面

今年は満開の梅を観に行きたいなと思ったら、こんなインスピレーション。
三田です、おはようございます。

ずっと待ってる、ガラスの仮面の続き。
マヤと真澄の恋の行方はどうなるの!?
そして、三田は桜小路くん派。

さて、こちらも前回の続き。
ふくみつ華山温泉での夕食のお話です。

IMG_2211.jpg

メインの選べるお鍋は、海鮮源泉蒸しに。
”温泉=源泉”のイメージと、普段は食べられないものをと選びました。

最初から蓋が閉まっていて、中を見ることなく。
そのまま火をつけ、吹き出す蒸気を横目で見続けた後は。
火を消し、ドキドキのオープン。

!  !  海老

想像以上に豪華。
蒸したての蟹は甘く、鮑は絶妙な歯応えと旨味。

それに加えて、シャキシャキの野菜。
蒸して食べると栄養や旨味が逃げずに、そのまま食べられるんですよね?
気付いた頃には、どれも美味しくて空っぽになっていました。

IMG_2202.jpg

羹物は甘鯛酒蒸しで、胡麻豆腐が横にあって。
蕪あんかけがかかっていて、とっても優しいお味。
偶然一緒に口に入る針柚子の香りと苦みもあったりして、いい感じのアクセント。

とろっとろな、あん。

甘鯛がホロッと柔らかく、もっちりした胡麻豆腐。
色々な食感が楽しいです。

IMG_2213.jpg

IMG_2222.jpg IMG_2217.jpg

お造りは、地魚盛り合わせ。
盛り合わせと言っても、それぞれ素敵な小皿料理みたい。
甘海老は宝箱に入りきらない宝石ですよね。

お魚が美味しくないなんてこと、絶対ない

ピッチピチの新鮮さで、ぷりトロですよ。
三田、大興奮。

ここにも羽釜炊きコシヒカリは、当然の登場。
お造りに、ご飯がないなんて考えられませんもん。
何杯目かしら?

IMG_2228_20200131221406fa6.jpg

お料理最後の洋皿は、黒毛和牛ローストと鮑酒煮炙り。
陸と海の豪華共演ですよ。

黒毛和牛ローストと、キャビアロリを一緒に。
柔らかな肉肉しさに顔がほころぶ。
お肉うま。

再び登場の鮑。
絶妙な歯応えと旨味に加え、肝ソースの大人アレンジ。

IMG_2235.jpg

甘いものは、別腹。

焼林檎+苺+焼パイ+アングレーズソースで、一緒に食べたらアップルパイ!
富山海洋深層水の塩アイスも添えられて。

全部一緒に食べたら、もう美味しいの一言ですよね。

IMG_2240.jpg

お腹いっぱいいただいた夕食の後も、温泉に浸かれば小腹空く。

21:30からフリーラウンジが、20食限定のお茶漬け処に大変身。
ここで、料理長が普段食べている夜食のお茶漬けを食べられるんです。

自分でご飯をよそって、お出汁を注いで。
好みの具をのせて。

IMG_2241.jpg

ちょっとご飯少なめに、梅茶漬けの出来上がり。

何のお出汁?
お出汁が驚くほど濃ゆくて美味しい。
最初は梅干を崩して食べようかなと思ったんです。

でも一口飲んだら、そのままのお出汁を楽しみたくなっちゃって。
梅干そのまま。
結果、海苔茶漬けを堪能させていただきました。

美味しかったー。

さて、残った梅干。
満腹なお腹をさすりながら、ほっぺを膨らませコロコロ。
きゅーんと顔がなるほど酸っぱ美味しい。

2020
02/25
*Tue*

ふくみつ華山温泉 ③

香り強めのハンドクリームが好き。
三田です、おはようございます。

就寝前に塗って、ひと時のリラックスタイム。
今は、リンゴの香りがお気に入りです。

IMG_2200.jpg

さて、ふくみつ華山温泉での夕食はダイニング 華~hana~で。

格子で仕切られた半個室の各部屋には、富山県の名産なのでしょうか。
海産物や野菜などの名前が付けられていました。

私達が案内されたところは、「かりん」。
可愛い。

IMG_2182.jpg

席に着くと、事前に用意されていたお料理。
目の前にしただけで、ワクワクしちゃう!

2ヶ月毎に献立が変わるんだそう。
この時は、”選べるメインの創作基本懐石 ~華山スタンダード~ 晩秋プラン”
メインのお鍋も選べるんです。

IMG_2199_202001312213476eb.jpg

健康ジュースのグリーンスムージーと、前菜。

前菜は器をキャンパスに、まるで絵画のよう。
食べてしまうのが勿体なく思えてしまったけど、食べますよ。

左から甘海老麹漬と、のど黒燻製にはキャビア。
そして、帆立雲丹焼きが並んでいます。
アクセントに野菜煎餅と茶樹茸。

どれも美味しくて、どれを最後に食べるか悩んでしまいました。
ここからたくさんのお料理を食べるのにね。

IMG_2183.jpg IMG_2193.jpg

先付の鰤と霙大根(左)。

そして、富山の季節の寿司(右)です。
季節のお寿司は押し寿司のような、鱒寿司のような?
一口サイズで食べやすく、お醤油をつけてポーンと口の中へ。

う、うんまーい。

あまりにも美味しそうな顔をしていたのか。
物欲しそうな顔をしていたのか。
フレンドが自分の分も、お食べと三田にくれました。

それも、三田は美味しく食べました。
う、うんまーい!

IMG_2189_20200131221351cc0.jpg

地野菜手造り漬物の、キュウリと白菜が絶品。
美味しい漬物を食べると、ご飯が欲しくなりますよね。

IMG_2224.jpg

IMG_2230.jpg IMG_2232.jpg

ご飯は、羽釜焚き福光産こしひかり。
お味噌汁は、赤だし汁と蟹汁。
そして、あら汁。

ご飯とお味噌汁はセルフサービスなんです。
私のような、お料理とご飯を一緒に食べたい派には嬉しい限り。

好きなものを好きなだけ。

全てのお味噌汁を飲み比べ、あら汁がお気に入り。
お魚が美味しいと、あら汁も美味しいですね。
あらの出汁が十分に染み込んだ大根が美味しすぎる・・・

ツヤピカご飯も、うまうま。
羽釜炊きのご飯なんて、滅多に食べられないですもん。

もちろん、おかわり。
おかわりですよ。

と、今回はここまで。
続きは、また明後日お会いしましょう!

Copyright © 三田さんだけの美味しいもの倶楽部 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)