プロフィール

三田

名前:三田
趣味は自分のための食べ歩き計画を考えること。
その大半が企画倒れで終わっても、計画どおりにいかなくても気にしない。
地図が読めちゃう方向感覚そこそこの、お片付け好きで大雑把なO型。
大好きな美味しいもの、たくさんの美味しいものを求め、てちてち食べ歩き中。



アルバム

最近の記事+コメント

カテゴリ

新潟県美味しいものカテゴリ

検索フォーム

おねがい

このサイトと関係のない、宣伝目的のコメントやトラックバックの投稿はご遠慮ください。
投稿されても、こちらの判断で削除させていただきます。
また下手な文章と画像ですが無断転用・転載をされないようお願いします。

お店やお料理の感想は、私個人が感じたものです。
私の味覚でお話させていただいていますので、ご了承していただけたら幸いです。

注:店舗情報は、お店の方に確認したものではありません。
また記事掲載当時の情報です。
もしここをご覧になってお店に行かれる場合は、一度ご自身で確認されるようおすすめします。

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


ご迷惑がかかる場合があると申し訳ないので、携帯電話にお返事を差し上げることはしていません。
できましたら、PCメールのアドレスを入力してくださいますようお願いします。

できるだけ早いお返事を心がけていますが、こちらの事情でお返事が遅れる場合があります。
なお、内容によりましては、お返事させていただかないこともあります。
何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

04
5
7
12
15
22
26
27
28
29
30

This Category : 新潟市中央区【か】

2017
04/21
*Fri*

中華麺食堂 かなみ屋/エビチリチーズの担々麺~フレッシュトマトふわふわ玉子添え~

IMG_3298.jpg

辛いのが苦手だけど・・・
苦手だけど食べてみたくて行ってきました、「中華麺食堂 かなみ屋 女池上山店」。

メニューは、どれも辛そう。
辛いものが苦手な人向けのメニューもありましたが、それでも。
辛いのが食べてみたい。

これはストレスのせいなのか?!

ストレスMAX 三田です。
今日も元気に、おはようございます。

とは言っても、いかにも!絶対!辛いのは怖くて無理。
比較的辛くなさそうな。
エビチリチーズの担々麺~フレッシュトマトふわふわ玉子添え~を。

うんまっ。

一見すごく辛そうなのに、食べてみると思ったほどではなくて。
辛いのが苦手な私でも最後まで美味しくいただける辛さ。

トマトと玉子とチーズで、辛さが和らいでいるのでしょうか。
水菜も入っていますしね。

何個入っていたんだろうと思い出せないくらいの海老。
ぷりぷりの海老。

これ!
私のように辛いのが苦手な方には絶対おすすめ。
そして、通いたくなると思います。

私は、すでになってる・・・
そのうち辛いのが得意になるかもしれません。

2017
01/18
*Wed*

餃子の王将/すぶた

IMG_2349.jpg


餃子を食べに行って餃子を食べない不思議。
それほどの酢豚Lover。

2016
11/27
*Sun*

カーブドッチ とやの/新潟県産豚肩ロース肉のグリル 塩メロンピューレとマスカルポーネ

三田です、おはようございます。
今回はグルンと時間を巻き戻して、夏の思い出のお話です。

何もすることのないお盆休み。
せめて美味しいものだけでも食べたいなと、カーブドッチ とやのにお邪魔しました。

こちらのお店のランチ。
コース仕立てになっていて、メインが選べちゃうんですよね。
それに、パンがおかわり自由!

モチモチとした歯応えと、ふんわり感。
素朴でシンプル。

大好きなんです、カーブドッチの自家製天然酵母パン。

さて、この日は”お盆期間限定メニュー”を提供中。
お盆休みですもの、特別でしょう。

IMG_1798.jpg IMG_1800.jpg

まずは、玉葱の冷製スープとクラフティーサレ(左)。
ほんのりの甘さは玉葱?

おまちかねの、自家製天然酵母パン(右)は3種類の盛合わせ。
ちょっと温かくて、ふかふか。
カボチャのがお気に入り。

ちなみに。
バターたっぷり目がおすすめです。

IMG_1804.jpg

前菜は、焼き茄子と生ハムのサラダ。

IMG_1812.jpg

新潟県産豚肩ロース肉のグリル 塩メロンピューレとマスカルポーネを、メインに。
選べるなら、やっぱりお肉料理でしょう。

にく、肉。

この頃は、久しく肉肉しいものを食べていなかったんです。
だから、ボリュームある姿を最初に見た時は嬉しかったなぁ。

しっかりとした歯応えと、脂の旨味。
噛みしめる度にお肉を食べている実感。

鮮やかな黄緑色の塩メロンピューレがね、新鮮。
ピューレの甘さでお肉の存在が一層引き立つ感じ。
一言で表現するなら、青春の爽やかでしょうか。

IMG_1816.jpg

新潟県産コシヒカリを使った夏の”リ・オレ”。

”リ・オレ”とは、なんぞや?
お恥ずかしいことに、どれが”リ・オレ”なのか。
何が”リ・オレ”なのか分からず。

でも、美味しければいい。
美味しいってことが幸せだから。

Copyright © 三田さんだけの美味しいもの倶楽部 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)