プロフィール

三田

名前:三田
趣味は自分のための食べ歩き計画を考えること。
その大半が企画倒れで終わっても、計画どおりにいかなくても気にしない。
地図が読めちゃう方向感覚そこそこの、お片付け好きで大雑把なO型。
大好きな美味しいもの、たくさんの美味しいものを求め、てちてち食べ歩き中。



アルバム

最近の記事+コメント

カテゴリ

新潟県美味しいものカテゴリ

検索フォーム

おねがい

このサイトと関係のない、宣伝目的のコメントやトラックバックの投稿はご遠慮ください。
投稿されても、こちらの判断で削除させていただきます。
また下手な文章と画像ですが無断転用・転載をされないようお願いします。

お店やお料理の感想は、私個人が感じたものです。
私の味覚でお話させていただいていますので、ご了承していただけたら幸いです。

注:店舗情報は、お店の方に確認したものではありません。
また記事掲載当時の情報です。
もしここをご覧になってお店に行かれる場合は、一度ご自身で確認されるようおすすめします。

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


ご迷惑がかかる場合があると申し訳ないので、携帯電話にお返事を差し上げることはしていません。
できましたら、PCメールのアドレスを入力してくださいますようお願いします。

できるだけ早いお返事を心がけていますが、こちらの事情でお返事が遅れる場合があります。
なお、内容によりましては、お返事させていただかないこともあります。
何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

05
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
26
27
28
29
30
31


2015
12/28
*Mon*

いきかえりの宿 瀧波 ②

172_2015122523115097c.jpg

こんばんは、三田です。
今年も残り数日。
みなさまいかがお過ごしですか?

私は最悪最低。
これは気分転換に部屋を模様替えをするしかない!

・・・頑張っております。

さて、いきかえりの宿 瀧波での夕食のお話。
今回も古民家ダイニング まほろばにて、夜長月の献立をいただきました。
こちらに宿泊した時は、ここで夕食を取りたいんです。

天井が高く、広々とした空間。
落ち着いた雰囲気の中、静かに食事ができるところが気に入っています。

171_20151225231149a21.jpg

まずは、赤湯の味から。
季節感たっぷりの盛合わせに、感嘆の声。

笹船の器には上杉冷汁。
赤ワインをいただきながら山形の味を満喫しつつ。
これからのお料理に期待が膨らみます。

176_201512252311475bf.jpg 180_201512252311478fd.jpg

松茸ですよ!  MATSUTAKE!

優しいお出汁の松茸土瓶蒸し。
カボスをサッと絞ってサッパリといただくのが大好きなんです。

松茸の歯応えもいいですよね。

184_20151225231146d89.jpg

お造里は、鮪トロと白身洗い。
雲丹はジュレかけ?

ぷりぷりと新鮮なのはもちろんのこと、脂がのっていて。
普段、雲丹なんて食べないの部類なのに、この雲丹は美味しかったなぁ。
それに、付け合せ一つ一つまでもが美味しいの。

お造里が美味しいと、白いご飯が食べたくなっちゃうのは私だけ?

189_20151225231145116.jpg

これ、これ

この、山形地鶏と置賜野菜のスープ。
地鶏と野菜の旨味がぐっとでたスープは、トロトロ。

ホロッとお箸で崩れる地鶏。
スープと一緒に口に入れたら、とっても美味しいの。

お代わりできますか?

フレンドと2人で何度も言いたくなりそうでした。

191.jpg  200_20151225231454154.jpg

柔らか鮑 肝ジュレ掛け(左)は冷たく、ヒンヤリ。

実は、この器。
上下が離れていて、中に氷が入っているんですよ。
お洒落でしょう?

全体的に混ぜて、鮑にたっぷりと絡めます。
肝のちょっとした苦みがアクセントになって、美味しいの。

和に洋に・・・オマール海老と天然季節の木の子(右)。
木の子の種類は忘れちゃったんですけど、天然木の子なんだそう。

木の子は、これまで食べたことのないものばかりでドキドキ。
大人の味がして、歯応えもよくて。

オマール海老は、ぷりぷり。
半熟卵とソースをつけて美味しくいただきました。
スプーンを使って最後までね。

204.jpg 208_201512252314538f8.jpg

メインは、山形牛蔵王石焼き フォアグラ等。
前回もいただいた山形牛蔵王石焼きにフォアグラまで付いて、すごい豪華。

この、厚さ!
厚いのに柔らかいのー。
噛みしめる度に山形牛の旨味が口中に広がります。

ワサビをつけたり、柚子胡椒をつけたり。

あ・・・フォアグラ。
自分で焼くのは初めてだったので、焼き加減が分からず戸惑いました。

焼きすぎると溶けてなくなっちゃいそうだし。
生焼けだったら怖いし。

食べちゃったけど。

215_201512252314522ad.jpg 219_201512252314510ed.jpg

無花果のシャーベット(左)で、お口直し。

そして、山形の漬物(右)。
山形といえば、これですよね。

221_20151225231450c6f.jpg

お楽しみの芋っ子汁と、つや姫。

芋っ子汁、ホント楽しみでした。
この季節じゃないといただけませんし。
この季節だからこそ、いただきたかったのです。

念願叶って嬉しい。

またね、つや姫も。
新潟のお米が一番だと思っていますけど、他には?って聞かれたら。
つや姫と答えると思います。

しっかりとした粒と、ほのかな甘み。

山形って、美味しいものがたくさんありますよね。
海の幸、山の幸。
どの季節でも必ず美味しいものがいただける山形。

226_201512252315047cb.jpg

最後のデザートも赤湯産のフルーツ。
中には、大好きなシャインマスカットも。

山形の美味しいものと、季節感いっぱいのお料理。
フレンドと楽しい時間を過ごしながら食べる。

こんな幸せ。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © 三田さんだけの美味しいもの倶楽部 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)