プロフィール

三田

名前:三田
趣味は自分のための食べ歩き計画を考えること。
その大半が企画倒れで終わっても、計画どおりにいかなくても気にしない。
地図が読めちゃう方向感覚そこそこの、お片付け好きで大雑把なO型。
大好きな美味しいもの、たくさんの美味しいものを求め、てちてち食べ歩き中。



最近の記事+コメント

カテゴリ

新潟県美味しいものカテゴリ

検索フォーム

おねがい

このサイトと関係のない、宣伝目的のコメントやトラックバックの投稿はご遠慮ください。
投稿されても、こちらの判断で削除させていただきます。
また下手な文章と画像ですが無断転用・転載をされないようお願いします。

お店やお料理の感想は、私個人が感じたものです。
私の味覚でお話させていただいていますので、ご了承していただけたら幸いです。

注:店舗情報は、お店の方に確認したものではありません。
また記事掲載当時の情報です。
もしここをご覧になってお店に行かれる場合は、一度ご自身で確認されるようおすすめします。

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


ご迷惑がかかる場合があると申し訳ないので、携帯電話にお返事を差し上げることはしていません。
できましたら、PCメールのアドレスを入力してくださいますようお願いします。

できるだけ早いお返事を心がけていますが、こちらの事情でお返事が遅れる場合があります。
なお、内容によりましては、お返事させていただかないこともあります。
何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

10
2
4
6
7
9
10
11
12
13
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


2016
02/13
*Sat*

四季の郷 喜久屋 ③

もうすぐバレンタインですね。
三田です、おはようございます。

残り4日。
私の悩み期限です。

どうしよう・・・

さて、今回も四季の郷 喜久屋 に宿泊した時のお話。
1階の和室でいただきました。
嬉しい部屋出しです。

112_201601311203090e0.jpg

まずは食前酒の白加賀梅酒と、先付は山菜盛り合せ。

こちらは山菜のお宿。
一年中、山菜がいただけるんですよ。

122_20160131120313dc6.jpg 125_20160131120315f6c.jpg

118_20160131120312aff.jpg 117_20160131120311122.jpg

家では天婦羅や、お浸しくらいでしか食べることがない山菜。

こんな食べ方があるんだねと、新発見。
ママン三田と楽しみながらいただく山菜は、美味しさが何倍増しにもなりますね。

136_20160131120840870.jpg

前菜は、7種類の盛合わせ。

地域色豊かなお料理。
どれも美味しく、どれから箸をつけようか悩んでしまうほど。

その中でも、存在感バッチリの蕨一本漬け。
もう、絶品
すごく美味しかったんです。

一本と言わず、何本も食べたかった・・・

132_20160131120655417.jpg

深いお出汁の、土瓶蒸し。
具は舞茸と海老、そして大好きな粟麩。

絞ったカボスを一滴。
爽やかな香りと奥深さ。

お出汁の熱さにドキドキしながら、ふぅふぅして一口。
そして、また一口。
美味しいものをゆっくりと味わう幸せ。

猫舌で良かった。

142_20160131120841c73.jpg

145_20160131120843c95.jpg 149_20160131120844253.jpg

お造りは、岩船の幸ですって。
荒く砕いた氷を敷き詰めた上に、鰆と鱸、平政。

厚切り新鮮ぷりぷり。

すごく楽しい食べ方ができたんですよ。
3種類のお醤油? つけたれ?
これをそれぞれ試しながらいただくの。

それに、お花も飾られてキレイ。
目でも楽しんじゃいました。

161_201601311208452b6.jpg

そして、お凌ぎは自家製胡麻豆腐。

口中に胡麻の香りが広がって。
蕨餅のように、ぷるんぷるん。

すごく美味しかった、これ!

ここで、お口もお話も小休止。
まだまだ続く夕食のお話は、また次のお話で。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © 三田さんだけの美味しいもの倶楽部 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)