プロフィール

三田

名前:三田
趣味は自分のための食べ歩き計画を考えること。
その大半が企画倒れで終わっても、計画どおりにいかなくても気にしない。
地図が読めちゃう方向感覚そこそこの、お片付け好きで大雑把なO型。
大好きな美味しいもの、たくさんの美味しいものを求め、てちてち食べ歩き中。



最近の記事+コメント

カテゴリ

新潟県美味しいものカテゴリ

検索フォーム

おねがい

このサイトと関係のない、宣伝目的のコメントやトラックバックの投稿はご遠慮ください。
投稿されても、こちらの判断で削除させていただきます。
また下手な文章と画像ですが無断転用・転載をされないようお願いします。

お店やお料理の感想は、私個人が感じたものです。
私の味覚でお話させていただいていますので、ご了承していただけたら幸いです。

注:店舗情報は、お店の方に確認したものではありません。
また記事掲載当時の情報です。
もしここをご覧になってお店に行かれる場合は、一度ご自身で確認されるようおすすめします。

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


ご迷惑がかかる場合があると申し訳ないので、携帯電話にお返事を差し上げることはしていません。
できましたら、PCメールのアドレスを入力してくださいますようお願いします。

できるだけ早いお返事を心がけていますが、こちらの事情でお返事が遅れる場合があります。
なお、内容によりましては、お返事させていただかないこともあります。
何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

09
2
4
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


2018
01/11
*Thu*

摩周 ②

IMG_4847.jpg

三田です、おはようございます。
摩周で源泉100%の美肌の湯にたっぷり浸かった後は、お楽しみの夕食。

客室と同じようにリニューアルしたレストラン、月terraceえんにて。
まずは、食前酒のやまもも酒。

のど黒と黒毛和牛がメインの月岡美人会席を。
メイン以外には新潟食材も楽しめるんですって。

楽しみー。

IMG_4850.jpg

まずは、前菜。
大きな器の上にはバランスよく盛り付けられた美味しいものたち。

月の器には新発田の郷土料理、から寿司。
ちなみに、から寿司は酢飯の代わりにおからで握ってあるんですって。

ここから時計回りに、くるみ豆腐菊花餡かけ、五泉産 絹乙女の柚子味噌かけ。
バイ貝に、栗いが揚げ、しばたヨモギ麩田楽。
村松産 銀杏の塩煎りと、丸十密煮。

どれから食べようか悩んでしまうほど目移り。

IMG_4858.jpg IMG_4838.jpg

お造りは、海の幸彩々三点盛り(左)。

そして、洋皿のカニ彩り(右)。
別皿のバジルソースをかけていただきます。
地物野菜も一緒に盛り付けられていて、豪華なサラダという感じ。

IMG_4856.jpg

1つ目のメイン 台の物は、黒毛和牛すき焼き。
甘めの割下でサッと火を通して、溶き卵にIN。

黒毛和牛なんて、滅多に食べられません。
一箸、一箸がドキドキですよ。

IMG_4867.jpg

2つ目のメイン 焼物、のどぐろ藻塩焼き。
お刺身やお寿司でも美味しいけど、やっぱり一番は塩焼きだと思うのです。

ほわほわな身。
そこから溢れ出る脂。
白身魚だなんて思えない、濃厚な旨み。

IMG_4872.jpg

揚げ浸しには、しばた麩と南蛮海老。
それと、この日の地元食材に餡をたっぷり絡めていただくの。

サクサクに揚がったところに、とろりとした餡。

IMG_4880.jpg IMG_4884.jpg

月岡産コシヒカリと、湯葉と白素麺入りの松茸のお吸い物(左)。
キラキラ輝く白いご飯が美味しくて。
もちろん、おかわり。

恥ずかしいなんて言ってられませんよ。

デザート(右)は、マンゴープリンと佐渡産 おけさ柿のコンポート。
柿のコンポートなんて、初めて!


お腹が膨れた後は、夜風にあたりながら美肌の湯を再び満喫。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © 三田さんだけの美味しいもの倶楽部 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)